fc2ブログ

大きなおちり、小さなおちり

 左の「小さいおちり」がとん爺の、右の「大きいおちり」がお福ちんの。

  爺様、気になってお掃除してあげてます。

  
しかし、ずいぶん大きさが違いますねぇ。
爺も12~3歳ごろまでは 6.4kgあったので
パンパンでした。

今年5月で18歳。人間でいうと80歳以上かなぁ。
しょぼいお尻でも仕方ないですな。

ところで、実家の出入りの業者さんの猫ちゃんは なんと28歳だそうです。
どっひゃ~!!

コメント

非公開コメント

豊満なお福ちんのお尻も、しゅっとスマートなとんちゃんのお尻も、どちらも魅力的♪  お福ちんも18歳になる頃には小尻になるかな~。

28歳の猫さんがいるとは!!お尻尾がいくつかに分かれていたりして(猫またですね)^^ゞ

>ukurinponさん
 うちの子たちの おちりをほめていただき、ありがとうございます(^^)。
私は 触り甲斐のある お福ちんのが好きで、
爺様には「デカイおちりにもどってくれ~」と頼んでおります。

28歳とは!! のん子母は「18歳ですか?」と何度も聞きなおしたそうです。 でも 28歳! おしっぽは確実に分かれているはずです。

かぎさん
 突然のことでした。
祖母を介護して看取ったのん子母も 「おばあちゃんの時とはまた別の悲しみだ」と 気持ちを整理できない様子です。

お別れに立ち会えなかったことも 相当辛いことだと思います。
でも いつも私たちは 「これがベスト」と思って選んできたはずなのです。 
  
お空では ぼん爺、ぐうちゃんが待っていてくれてましたね。
私たちはそこでまた 会えますしね。

コメントをありがとうございました。