fc2ブログ

ご隠居さん

快晴の仙台 広瀬川。
水の量がちょっと心配

実家からの電話が いつもタイミング悪く私の出られない時間帯にかかってくる。
今回もそれで こっちでかけ直すと 向こうは出ない。

ようやく つながったと思ったら
ご隠居の体調のことであった。

我が父、ご隠居91歳。
高齢になってからはいろいろな疾患に見舞われたけど
とりあえず 無事で過ごしてきた。

でも 今回は どうもそういうわけにはいかなくなった。
残りの時間は半年か、1年あるか。

ご本人 医師としてのプライドもあって 腹は決まっているよう・・なことを言ってる。

あれこれ 後のこと(特に私のことが心配でたまらないようだ)の準備を
しなくちゃ、ということらしい。

人の寿命は無限ではない。
私に何ができるだろう。いろいろ考えなくちゃなぁ。

そんな8月初めです。