fc2ブログ

3週間

IMG_3934.jpg


見知らぬ人とも「3週間過ぎましたねぇ」と言葉を交わすことあり。
乱暴、と評されてきた仙台人の運転も いくらか気配りが感じられるような。

仙台市中心部は落ち着きを取り戻したようで、
リュックを背負って食糧調達のための行列、というのは見られなくなりました。
道行く女性はちょっとおしゃれに。



・・ということで今回の災害でこれは必要、というものを振り返ってみました。

1.水
 余震のさ中、せっせと汲み置きしておいてよかった。
 (地震の翌日断水に)
 水道が回復するまでの4日間 助かりました。

2.懐中電灯
  絶対必要。ぜ~ったい必要です。
  翌日夜には電気は復旧しましたけど。

3.ラジオ
  これも絶対必要。情報が安心の全て。用意しときゃよかったとつくづく思いました。
  マンションの住人の方にきかせてもらいました。

4.冷蔵庫に食糧を常備
  1~2日ぐらいの停電なら この冬場、中の食品は大丈夫でした。
  野菜、お肉、魚・・量は少なくともちゃんと食べられたので助かりました。

5.お米
  電気が通り、水が出ればご飯がなにより有り難いです。
  カップラーメンはすぐ飽きます。
  何より喉が渇くのが辛い。これは みなさん共通の意見。

6.カンパンなどの非常食 
  マンションの「非常用倉庫」に備蓄がありました。
  少ない食事(上記)ではお腹が減るのでカンパンが結構ありがたかったわ。

7.一人では頑張らない(頑張れない)
  まったく行き来のなかったマンションの住人の方々と助け合って4~5日過ごしました。
  いざとなると 助け合えるんだ~。普段行き来がなくてもあまり心配いらないのかも。

8.あ、忘れた。携帯!
  これも絶対必要。できたら手動の充電器があるとベター。あとツイッタ―使っていると
  安否を連絡することができます。
  携帯電話は通じなくとも携帯からのネットはできる。
  PCはプロバイダーがダウンして3日間は使えませんでした。

****
特記事項
実は ベランダ側の窓のひとつ、カギをかけ忘れて外出してました。
本震の後 部屋に入ったら 窓が がっつり空いてました!
しのすけパニックに。(猫がーーーー!)

幸い 猫どもはオコタの中で怯えておりました。
以来、窓のカギのチェックを怠りなくしております。

ちなみに
ワンちゃんを飼っておられる方はみな同伴でマンションの敷地に避難。
猫の場合はみなさん部屋に置き去りに。
「そうするしか ないもん」と同じ意見でした。気が気でなかったですが。


****
最後に 私個人の考えですが・・

言葉は少なくていいのだなぁ~と。
むしろ沈黙であってもいいかな。

本当に悲しんでいる人に
やたらな励ましや「元気にガンバロー」「元気になって」
被災者以外の方からの「いつも一緒」はちょっと勘弁。
みんなの憧れのスターさんだったらそれはそれで
喜ばれるのかな。

それから
ご隠居たちの消息が分からなかったときに
会う人ごとに それを聞かれるのが辛かったです。
 気を付けたいです。