fc2ブログ

猫の勘

  「ふふん。 あなたの心は読めてるにゃ」 by とん爺

今日はとん爺を病院に連れて行くかな~、と

できるだけ気づかせないように
キャリーケースも出さず、ただ出かける用意だけしていたのだけど、

・・・・・
さっきまで足元にいたとん爺がいない。

押入れの奥に隠れていました。

なんちゅうこった。
これまではキャリーケースの準備で勘付いた爺だけど、
もう、私が考えただけでわかってしまうのか?

ものすごく驚いたことでした。